横浜のガラス交換ならお任せ下さい。

ガラス交換で防犯・断熱・防音

横浜市のガラス交換【ポイントとFAQ】

横浜市でガラスの交換が必要になったら、迷わずテクノスにお任せください。
横浜市をはじめ、神奈川全域、東京、千葉、埼玉と、広範囲に渡って対応しております。
空き巣に入られたり、お店のガラスを割られたり、子供がふざけてガラスを破損させてしまったなど、ガラスの交換や修理はいつ必要になるか分かりません。
そのため、当店では年中無休24時間体制をとっており、もちろん夜間でも最短30分でご指定の現場へお伺いいたします。

ガラス交換 横浜市

強化ガラス、ペアガラス、断熱ガラスなど、状況やお客様のご希望に合わせてあらゆるガラスを取り扱っていて、最安8,000円で施工いたします。
当店では、ガラスの交換・修理以外にも、鍵の交換や修理、網戸の交換や張替にも対応していて、空き巣や泥棒の侵入を防ぐためのセキュリティ対策の相談にも乗り、それぞれのお宅やご予算に合わせた最適な方法のご提案もさせていただいております。
ガラスや鍵の修理、交換から、セキュリティ対策まで、お見積りは完全無料で行っております。
まずはフリーダイヤルまでお電話いただければ、詳しくお話をお聞きして、各種相談にも無料で対応しておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

01窓ガラス交換の必要性とは

窓ガラスを空き巣などによって割られた場合は、当然窓ガラスの交換が必要となり、そのときには専門業者に依頼するのが一般的となっています。
中には自分でどうにかしようと考える方もおられますが、割れたガラスは片付けるだけでも手を切るなどのリスクがあるため、片付けもまとめて依頼できるガラス交換・修理業者に任せることをおすすめします。
窓ガラスを割られる以外には、ガラスはかなり丈夫なので、理由なく自然に割れてしまうことがないので交換する必要はありません。ただし、丈夫なガラスも細かい傷が付いているとだんだんもろくなって、少しの衝撃でも割れてしまうことがあります。
ガラスの細かい傷は見た目で気づきにくいですが、細かい傷は白く曇ったように見えてくるので、掃除をした後でピカピカにならない箇所があれば、それがガラスに傷がついているサインです。突然ガラスが割れないように、傷がついたガラスは早めに交換することをおすすめします。
その他のガラスを交換する必要性としては、古いガラスを交換すれば部屋が明るくなる、防犯効果を高められるなどがあり、窓ガラスは性能も含めてどんどん進化しているので、家を建ててからかなり時間が経っているという方は一度家中のガラスの状態を確認してみることを推奨します。

02初めて家の窓ガラス交換をするときに知っておくべき点とは

古くなった家のガラスを交換するときもそうですが、初めて家を建てるときにも窓ガラスは必須なもので、生活の質にも影響するとても大事なものです。しかし。多くの方はガラス屋さんや家の施工業者に窓ガラスのチョイスを丸投げしてしまうのが現実です。
知らない方も少なくないようですが、窓ガラスには現在主流となっている、2枚の板ガラスの間に空気を封入したペアガラスの他にも様々な種類があり、選ぶカラスによって結露対策、省エネ対策、紫外線対策など、さまざまな効果を高めることを可能にしてくれます。
他にも、外からの騒音をシャットアウトする防音性に優れたガラスや、プライバシー対策に効果的な型板ガラスやすりガラスなどがあり、これらは外から家の中を見えにくくしてくれるうえ、適度な光も取り入れることを可能にしてくれます。

初めて家の窓ガラス交換をするときに知っておくべき点とは

安心、安全に暮らしたい方には、防犯や災害対策にもつながる防犯ガラスや防災ガラスや合わせガラスなどあり、これらはガラスが割れたときでも破片でケガをする心配がないためとても安心です。
さらに火災に備えるための耐熱強化ガラスや網入りガラスなどもあるので、全てを業者任せにしないことをおすすめします。

03ガラス交換する際に良くある3つのお悩みを紹介

1.賃貸物件の窓ガラスを勝手に交換できる?
マンションやアパートなどのサッシ自体は勝手に交換してはいけませんが、窓ガラスに関してはオーナーの許可をとって、同じものにするなら交換することが可能な場合がほとんどです。
サッシ自体も、管理組合などを通して許可が出れば、交換することはできます。
窓ガラスに関しては、ほとんどの賃貸物件では景観を損なわないのであれば、異なるガラスでも交換が許可されるようです。

2.窓ガラスを交換するメリットは
窓ガラスを交換すると、暖房代を抑えられたり、結露によるカビを抑えられたりするメリットがあります。
他にも、防犯ガラスに交換すれば、空き巣や泥棒に入られる危険性を低下できるなど、最近では高性なガラスが多く登場しているので、商品によって得られるメリットはいろいろあります。

3.窓ガラスを交換して不都合なことはある?
窓ガラスを交換するにはお金がかかります。依頼先によっても費用は異なりますが、高性能なガラスになるとそれなりの値段がして、ガラス本体に工事費がかかります。
また、二重窓などにすると掃除が大変になるなどのデメリットも生まれます。

04防犯ガラスと間違えやすいガラスの種類を紹介

ガラス交換 横浜市

住宅で使用される窓ガラスにはさまざまな種類があり、あまり治安が良くない地域で家を建てるときには、家の窓ガラスを防犯ガラスにしようを考える方も少なくないようで、実際にそうしている方もたくさんいます。しかし、家の建て主が防犯ガラスと思っていても実はそうではないケースもあります。
防犯ガラスと呼ばれるガラスは合わせガラスで、2枚のフロート板ガラスの中間に高い耐貫通性と耐衝撃性をもつ樹脂膜を圧着することにより防犯性を高めているのがこのガラスの特徴です。
ただ、合わせガラス=防犯ガラスではありません。強化ガラスも、名前を聞くと高い防犯性をもっているように思いますが、実は強化ガラスは一般的なフロート板ガラスを加熱処理して強化したもので、割れるとガラスが粉々になるため防犯効果は低くなっています。
網入りガラスも防犯ガラスと間違えやすいようですが、これは防火用に開発されたもので、高い防犯効果を見込むことはできません。網入りガラスはガラス内にワイヤーを入れることにより、火災時に割れにくくなっていて、防犯ガラスと比較すれば、強度はほとんどないため、防犯目的使用してもあまり意味がありません。

05横浜から東京や千葉や埼玉など広域でガラス交換を提供

横浜市に拠点を構え、神奈川、東京、千葉、埼玉など広域にわたってガラス交換に対応しています。
横浜は東京にも匹敵するほどの大都会で、政令都市の中では最も多くの人口を抱え、行政も県から独立していることから、地域に合った独自の施策を立てて実行しています。
横浜が魅力的な街であることは説明するまでもなく、毎年のように住みたい街ナンバーワンになっていることが証明しています。
横浜は東京のベットタウンでもあり、通勤に使用できる路線も多く乗り入れていて、1時間以内で新宿、渋谷、新橋など東京23区のほとんどの場所に行くことができるようになっています。
買い物や飲食に便利な環境が整っているため、単身者も住みやすく、横浜駅数周辺には複数の大型商業施設や店舗が複数あるので、ここでほとんどの用事を足すことができます。
横浜市内には自然を満喫できる場所もたくさんあって、公園や海や無料で楽しめる動物園も用意されています。
子育て世代にも優しい対策がいろいろとられていて、待機児童対策や育児問題に説教的に取りくんでいます。
横浜には中華街や、赤レンガ倉庫やみなとみらいなどの人気の観光スポットがたくさんあって、お洒落な街並みも至る所で楽しめるようになっています。

06家の窓ガラスの交換にかかる費用相場はどのくらいなの?

家の窓ガラスが何らかのトラブルで割れた場合は、セキュリティ上の観点からも早急に割れた窓ガラスを交換しなくてはいけません。何度も窓ガラスが割れた経験をしている方もたくさんいるようですが、ほとんどの方は自分でガラスの修理をしたことがなく、そのときが訪れるとパニックになる人が多く、滅多に起こることではないため、どのくらいの費用がかかるか認識している方はそれほど多くはないようです。家の窓ガラスにはいろいろな種類がありますが、一般的な窓ガラスを交換する費用相場は2〜5万円程度となっています。

窓ガラスの交換にかかる費用相場

費用相場には3万円の差がありますが、窓ガラスの交換費用はその種類と大きさと厚みによって変わってきます。
元値が高いガラスになると交換費用も高くなり、サイズが大きく厚みがあるほど費用はアップします、
家の窓ガラスの中にも特殊加工が施された機能性ガラスと呼ばれるものもあって、そのようなガラスは交換費用も高くなります。また、ガラスを交換する時間帯や作業状況によっては追加料金が発生することもあります。
具体的な金額は依頼する業者によって異なりますので、事前に確認することをおすすめします。

07ガラス交換を行うときに覚えておくべき3つのポイント

01ガラスが割れたらまずは修理の手配をしよう

家の窓ガラスが割れる原因はさまざまですが、ガラスが割れると破片などが飛び散りパニックになってしまう方も少なくないようです。
そうなると、とにかくガラスを片付けようとして手にケガを負ってしまうこともあるわけですが、飛び散ったガラスの処理はガラスの修理をお願いする業者がしてくれるので、まずは安全な場所に避難して修理の手配をしてください。

02ガラスの修理はガラス店か出張ガラス屋さん

家の窓ガラスが割れた場合に修理をお願いするのは、基本的にガラス店か出張ガラス屋さんの2択です。
ガラス店は店舗を持っていて、割れたガラスが取り付けられているサッシを持ち帰り修理してから取り付けに来てくれます。
それに対して出張ガラス屋さんは、現場でガラス板をカットして交換してくれるので、即効性を求める方には出張ガラス屋さんが向いています。

03すぐにガラスの処理が必要なときに必要なもの

基本的には修理業者が得着するまで割れたガラスには触れない方が良いですが、小さな子どもやペットがいるなど、そのままにしていると危険が及びそうなときには、自分でガラスを処理しなくてはいけません。
その場合は、足を切らないように必ずスリッパか靴を履いて、手袋や軍手を付けて対処しましょう。新聞紙、掃除機、ほうき、ちりとり、雑巾、ストッキングなどがあると便利です。

08ガラスの交換を依頼する業者選びのポイントとは

間違って家の窓ガラスを割ってしまったときには、すぐにガラスを交換しなくてはいけませんが、ガラスを割る行為は頻繁に起きるわけではないため、そのときになると多くの方がパニックになってしまうようです。
ガラスが割れたらまず安全を確保してから、すぐに専門業者に連絡しましょう。今ではインターネットで検索すると、ガラスの交換をしてもらえる業者がたくさんヒットしますが、急ぎの場合は特に地域密着型の業者さんを選択することをおすすめします。
地域密着型の業者であれば、対応スピードが速い、アフターフォローが充実しているなどのいろいろな恩恵を受けることができます。
パニックになっているのに長時間放置されてしまうと、不安がどんどん高まります。特に遅い時間で外が暗くなってくると、不安がより増していきます。
地域密着型の業者さんを見つけたら、あとはガラスの交換費用が気になると思います。問い合わせしたときに掛かる費用については尋ねた方が良く、インターネットで検索するときも、余裕があるならそこに書かれた費用を確認することをおすすめします。
できれば数社に問い合わせて料金と対応の良さを確認してから、最も信頼できそうな業者に依頼をしましょう。

09お店のガラスが割れたときに多い相談とは

お店のガラスが割れたときに多い相談とは

お店を経営していると、災害で大きな窓ガラスが割れたりすることもあります。そんなときにお店のオーナー様からよく相談を受けることに、適切な応急処置の仕方があります。
基本的には、すぐにガラス修理を行っている専門業者に連絡すれば良いわけですが、一般の住宅とは違って営業中のお店には多くのお客さんやスタッフがいる場合が多いため、安全を確保することがお店のオーナーや店長の大切な役割となります。
割れたガラスを安全に片付けるには、まず必要な道具を用意しましょう。軍手などを装備して、ほうきやちりとりなどの掃除道具を準備して、何よりもお客様の安全を確保したうえで、ガラスの破片を片付けてください。
まずは大きな破片から軍手で拾って、それを段ボールや大きなゴミ箱などに入れていきましょう。大きな破片を処理したら、次にほうきやちりとりなどを利用して小さなガラスの破片を集めていきます。より細かいガラスの破片は、掃除機で吸い込みましょう。
あとは、雑巾や新聞紙で、目に見えない破片を拭き取ってください。店舗のガラスが災害や事故などで割られたときには、火災保険が使える場合もあるので、専門業者にそのことについて尋ねてみましょう。

10お客様からよくある3つの質問

質問 ガラスの交換費用はどこに依頼しても一緒なの?
回答 ガラスの交換費用は、依頼する業者によっても細かく料金設定が定められていて、どのガラスを選ぶかでも料金はかなり変わってきます。
特殊なガラスになると当日には交換してもらえないこともあり、そうなれば手間も多くかかることから、費用がより高くなってしまう可能性が高いです。
できるだけ安く交換したいなら、複数の業者に問い合わせることをおすすめします。
質問 悪徳業者に騙されないためにはどうすれば良いの?
回答 この業界にも悪徳業者は存在していて、相場よりも高い料金を請求されている人も少なくありません。
ガラスに関する知識を持っている人は少ないため、そのような業者はそこに付け込んで高額な請求をしてきます。
悪徳業者に騙されないためには、所在がはっきりしていて実績のある信用できる業者を選べば良いわけですが、ガラスに関する知識を身につければ、騙されることもなくなります。
質問 ガラスの交換にはどのくらいの時間が必要なの?
回答 一般的なガラスなら、業者が到着して修理が完了するまで1時間もあれば全ての作業が完了します。
しかし、特殊なガラスやサイズが大きくなって交換に手鎌かかる場合などは、注文に時間がかかったり、交換に数時間かかったりすることもあります。

11業者選びで注意すべきこと

POINT 自宅や会社や店舗のガラスが割れて修理が必要になる場合は、専門業者を呼ぶことが最善策ですが、その瞬間は突然やってくるので、依頼先を選ぶときには対応の早さがとても大事なポイントになります。
ガラスが割れているのを長く放置しておくと、空き巣や泥棒に入られるリスクが高まり、室内に雨風や飛来物が入り込んでしまう可能性も高くなるので、一刻も早く修理して欲しいという方が多いと思います。
どんなに修理代が安くても、対応スピードが遅いとリスクが高まるので、早急に対応してくれる業者を選択しましょう。
修理業者を選ぶときには、対応している時間帯も大きなポイントになり、ガラスが割れた時間帯に営業していなければすぐに修理をしてもらうことは不可能です。
また、一般的なガラスであればどこでも在庫を持っていますが、そうでない場合は在庫の種類や量をできるだけ多く所有している業者を見つけなければ、修理にかかる期間が長くなってしまいます。
もちろん、どこに依頼するかによって修理代は異なるので、最初に問い合わせた際にできるだけ割れたガラスの状況や種類や大きさなどを詳しく伝えて、費用の目安を確認しましょう。時間に余裕があるなら、複数社から相見積りをとることをおすすめします。

12ガラス交換をする際によく聞く専門用語

ガラスなどを間違って割ってしまい、交換が必要になるときには専門業者に依頼する必要がありますが、電話などで状況を伝えたり、どのくらいの費用がかかるか聞いたりするときには、普段あまり使わない専門用語を業者側の口から出てくることがあります。
たとえば「内窓」とは、二重サッシなどの内側の窓のことを指しています。業者側は当たり前にように使用する言葉ですが、素人には何のことか理解できないことも多いようです。
「アングル」とは、アルミサッシの内側にある15mm〜20mm程度のアルミ部分のことです。詳しい寸法を知りたいときに業側が使用することがある言葉です。
「合わせガラス」とは、ガラスとガラスの間にフィルムを挟み込んだガラスの総称で、防犯ガラスなどもこれに該当します。ガラスの種類を確認するときに使用されることがあります。
「クレセント」とは、引き違い窓のカギのことです。特殊なものになると、取り寄せに時間がかかることもあります。
「FIX窓」は別名「はめ殺し窓」とも呼ばれていて、固定されていて取り外しが簡単にできない窓のことです。
この他にも、一般の人がよく理解できない言葉がガラス交換のときにいろいろ出てくる可能性は高いです。

FAQ一覧

お役立ち情報

ガラスが割れる原因は ガラスに衝撃が加わったわけではないのに、ガラスが割れる原因を解説しています。
突然何もしていないのにガラスが割れると驚くことになると思うし、いろいろな疑問がわくと思いますが、これを読めば納得できます。
店舗のガラス交換にかかる時間はどのくらい? お店で使用されている特殊な大型ガラスが割れたときにはどのくらいの時間や費用がかかるかについての質問に回答しています。
ガラスが割れるとお店を休まなければいけないことになるかもしれません。心配な方は参考にしてみてください。
家のガラスの交換にかかる費用はどこに依頼しても一緒なの? 家のガラスの交換をガラス屋さんにしてもらうときに、かかる費用が業者によって大きく異なるのかどうかを説明しています。
ガラス本体や作業料以外にも、業者によっては交通費など別の料金がかかる場合あることが書かれています。
勝手にガラスが割れて交換を迫られるようなことはあるの? 気づいたら家の窓ガラスが割れていて交換が必要になっている方より、勝手に窓ガラスが割れることはあるの?という質問に対する答えが書かれています。
興味のある方はぜひチェックしてみてください。
優良なガラス交換業者に依頼するポイントとは 優良なガラス交換業者を見極めるためのポイントやコツについて紹介した内容になっています。
ガラスの交換を依頼する業者によって料金が変わることも書かれているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
ガラスを安く交換するにはどうすれば良い? 窓ガラスの交換費用は、依頼する業者によっても差があることが書かれています。
それ以外にもガラスの交換や修理費用を安くする方法が書かれているので、興味のある方はチェックしてみてください。

PageTop