横浜のガラス交換ならお任せ下さい。

ガラス交換で防犯・断熱・防音

横浜市のガラス交換【ポイントとFAQ】

横浜市でガラスの交換が必要になったら、迷わずテクノスにお任せください。
横浜市をはじめ、神奈川全域、東京、千葉、埼玉と、広範囲に渡って対応しております。
空き巣に入られたり、お店のガラスを割られたり、子供がふざけてガラスを破損させてしまったなど、ガラスの交換や修理はいつ必要になるか分かりません。
そのため、当店では年中無休24時間体制をとっており、もちろん夜間でも最短30分でご指定の現場へお伺いいたします。

ガラス交換 横浜市

強化ガラス、ペアガラス、断熱ガラスなど、状況やお客様のご希望に合わせてあらゆるガラスを取り扱っていて、最安8,000円で施工いたします。
当店では、ガラスの交換・修理以外にも、鍵の交換や修理、網戸の交換や張替にも対応していて、空き巣や泥棒の侵入を防ぐためのセキュリティ対策の相談にも乗り、それぞれのお宅やご予算に合わせた最適な方法のご提案もさせていただいております。
ガラスや鍵の修理、交換から、セキュリティ対策まで、お見積りは完全無料で行っております。
まずはフリーダイヤルまでお電話いただければ、詳しくお話をお聞きして、各種相談にも無料で対応しておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

01窓ガラス交換の必要性とは

窓ガラスを空き巣などによって割られた場合は、当然窓ガラスの交換が必要となり、そのときには専門業者に依頼するのが一般的となっています。
中には自分でどうにかしようと考える方もおられますが、割れたガラスは片付けるだけでも手を切るなどのリスクがあるため、片付けもまとめて依頼できるガラス交換・修理業者に任せることをおすすめします。
窓ガラスを割られる以外には、ガラスはかなり丈夫なので、理由なく自然に割れてしまうことがないので交換する必要はありません。ただし、丈夫なガラスも細かい傷が付いているとだんだんもろくなって、少しの衝撃でも割れてしまうことがあります。
ガラスの細かい傷は見た目で気づきにくいですが、細かい傷は白く曇ったように見えてくるので、掃除をした後でピカピカにならない箇所があれば、それがガラスに傷がついているサインです。突然ガラスが割れないように、傷がついたガラスは早めに交換することをおすすめします。
その他のガラスを交換する必要性としては、古いガラスを交換すれば部屋が明るくなる、防犯効果を高められるなどがあり、窓ガラスは性能も含めてどんどん進化しているので、家を建ててからかなり時間が経っているという方は一度家中のガラスの状態を確認してみることを推奨します。

02初めて家の窓ガラス交換をするときに知っておくべき点とは

古くなった家のガラスを交換するときもそうですが、初めて家を建てるときにも窓ガラスは必須なもので、生活の質にも影響するとても大事なものです。しかし。多くの方はガラス屋さんや家の施工業者に窓ガラスのチョイスを丸投げしてしまうのが現実です。
知らない方も少なくないようですが、窓ガラスには現在主流となっている、2枚の板ガラスの間に空気を封入したペアガラスの他にも様々な種類があり、選ぶカラスによって結露対策、省エネ対策、紫外線対策など、さまざまな効果を高めることを可能にしてくれます。
他にも、外からの騒音をシャットアウトする防音性に優れたガラスや、プライバシー対策に効果的な型板ガラスやすりガラスなどがあり、これらは外から家の中を見えにくくしてくれるうえ、適度な光も取り入れることを可能にしてくれます。

初めて家の窓ガラス交換をするときに知っておくべき点とは

安心、安全に暮らしたい方には、防犯や災害対策にもつながる防犯ガラスや防災ガラスや合わせガラスなどあり、これらはガラスが割れたときでも破片でケガをする心配がないためとても安心です。
さらに火災に備えるための耐熱強化ガラスや網入りガラスなどもあるので、全てを業者任せにしないことをおすすめします。

03ガラス交換する際に良くある3つのお悩みを紹介

1.賃貸物件の窓ガラスを勝手に交換できる?
マンションやアパートなどのサッシ自体は勝手に交換してはいけませんが、窓ガラスに関してはオーナーの許可をとって、同じものにするなら交換することが可能な場合がほとんどです。
サッシ自体も、管理組合などを通して許可が出れば、交換することはできます。
窓ガラスに関しては、ほとんどの賃貸物件では景観を損なわないのであれば、異なるガラスでも交換が許可されるようです。

2.窓ガラスを交換するメリットは
窓ガラスを交換すると、暖房代を抑えられたり、結露によるカビを抑えられたりするメリットがあります。
他にも、防犯ガラスに交換すれば、空き巣や泥棒に入られる危険性を低下できるなど、最近では高性なガラスが多く登場しているので、商品によって得られるメリットはいろいろあります。

3.窓ガラスを交換して不都合なことはある?
窓ガラスを交換するにはお金がかかります。依頼先によっても費用は異なりますが、高性能なガラスになるとそれなりの値段がして、ガラス本体に工事費がかかります。
また、二重窓などにすると掃除が大変になるなどのデメリットも生まれます。

04防犯ガラスと間違えやすいガラスの種類を紹介

ガラス交換 横浜市

住宅で使用される窓ガラスにはさまざまな種類があり、あまり治安が良くない地域で家を建てるときには、家の窓ガラスを防犯ガラスにしようを考える方も少なくないようで、実際にそうしている方もたくさんいます。しかし、家の建て主が防犯ガラスと思っていても実はそうではないケースもあります。
防犯ガラスと呼ばれるガラスは合わせガラスで、2枚のフロート板ガラスの中間に高い耐貫通性と耐衝撃性をもつ樹脂膜を圧着することにより防犯性を高めているのがこのガラスの特徴です。
ただ、合わせガラス=防犯ガラスではありません。強化ガラスも、名前を聞くと高い防犯性をもっているように思いますが、実は強化ガラスは一般的なフロート板ガラスを加熱処理して強化したもので、割れるとガラスが粉々になるため防犯効果は低くなっています。
網入りガラスも防犯ガラスと間違えやすいようですが、これは防火用に開発されたもので、高い防犯効果を見込むことはできません。網入りガラスはガラス内にワイヤーを入れることにより、火災時に割れにくくなっていて、防犯ガラスと比較すれば、強度はほとんどないため、防犯目的使用してもあまり意味がありません。

FAQ一覧

PageTop