どんなガラスに交換すれば断熱性が良くなるの?|横浜のガラス交換ならお任せ下さい。

ガラス交換で防犯・断熱・防音

faq

Q

どんなガラスに交換すれば断熱性が良くなるの?

質問 横浜の築30年以上の一軒家に住むものですが、毎年寒い時期になるとサッシ窓の周辺で結露が起きて、カビなどが発生して困っています。
実はこれまではあまり気にしていなかったのですが、子供にカビアレルギーがあることが分かり、どうにかしないといけないと思いいろいろな人の意見も聞いていると、結露が起きやすい窓を断熱ガラスに交換すればよいという、効果がありそうなアドバイスをもらいました。
断熱ガラスとはどんなものなのか知りたいので、ご回答をよろしくお願いいたします。

矢印

A

複層ガラスやLow-Eガラスなどの種類があります

断熱ガラスにはいくつかの種類があって、複層ガラスやLow-Eガラスが代表的です。
複層ガラスというのは、2枚以上のガラスを重ねて、その間に中間層のあるガラスのことで、熱伝導率が低くなる効果が期待できるようになっています。1枚ガラスよりも断熱性に優れていて、交換すれば結露が発生しにくくなります。
Low-Eガラスは、複層ガラスの中間層のいずれかのガラス面にLow-Eと呼ばれる特殊な金属の膜をコーティングしたガラスです。Low-E膜が室内側のガラスにコーティングされているものを断熱タイプで、冬の暖房効率を上げる効果もあります。
他にも、ガラスとガラスの間の中間層が真空になっている「真空ガラス」も、断熱ガラスの一種です。真空が熱の伝導と対流を防ぐことから、他のガラスと比べて高い断熱性が期待できます。

PageTop