暖房が効きにくい場合の改善方法|横浜のガラス交換ならお任せ下さい。

ガラス交換で防犯・断熱・防音

FAQ

窓の結露がひどく暖房が効きにくいのですが改善する方法はありますか?

先日、横浜市内に住む祖母の家に遊びに行きました。祖母の家に行くのは恐らく2年ぶりくらいでしたが、記憶以上に老朽化していると感じました。室内が外よりもひんやりしていて、夕方になる頃はかなり寒いと感じました。カーテンを閉めようと窓際に行くと、外からのすき間風を感じ、このせいで寒いんだと思いました。祖母に言うと、「家が古いから仕方がないの。寒かったらひざ掛けを出すよ」と言うだけです。窓の下の所がカビで黒くなっているので聞くと結露が原因だろうとのこと。掃除したくらいでは何も変わらないようですが、隙間テープとかでかなり変わるのでしょうか?何か改善できる良い方法があれば教えてください。

answer

ご予算により対策や改善方法が変わるでしょう

結露は室内と室外の温度差により空気中の水蒸気が水に戻る現象の事です。お部屋の湿度が高ければそれだけ水蒸気が多いので結露も多くなります。結露はカビの発生や窓周りの木材やサッシが傷む原因にもなるため対策が必要です。
結露を防ぐには室内と室外の気温差を減らすことや室内の湿度を下げることが効果的です。こまめな換気や除湿器、除湿剤の使用でも予防が出来ます。また、結露を吸い取ってくれる給水テープがホームセンターなどで販売されていますので、窓枠に貼り付けることで木材の腐食やカビの対策になります。他には、窓に貼り付けるフィルムタイプの断熱材も結露の防止や暖房効果の向上に繋がります。これらはすぐにでも出来る対策ですが、二重サッシやペアガラスに交換することで結露や隙間風の問題が一度に解決します。
ご予算に合わせて対策やガラス交換を検討されるとよいでしょう。

PageTop